オススメ!クレカ紹介④「JMBローソンPontaカードVISA」は他のポイントをJALマイルに変身させるマストアイテム!

携帯必須!共通ポイント「Ponta」を冠するJMB提携カード

お買い物はJALカード1枚に絞ることが最もマイルを貯める近道ですが、JALカードだけではどうしても取りこぼしてしまうマイルもあります。

例えばこんなケース、経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • JALカードが利用限度額に達してしまった!
  • 海外で使おうとしたら現地では使えない国際ブランドのカードだった!

どちらもせっかくマイルを貯めるチャンスを逸してしまいかねません。そのために予備として持っておきたいサブカード

サブカードはメインとなるJALカードを補う目的の他、JALカードにはないメリットが受けられるサブカードを厳選して所有しましょう。

JALカードでマイルを貯めるクレカマイラーにとって、サブカードの条件は次の3つ。

  1. 年会費が無料であること
  2. JMB提携カードであること
  3. JALカードにはないメリットがあること

そんな中で、サブカードである「イオンJMBカード」と合わせて持ちたいのが「JMBローソンPontaカードVisa」です。

「JMBローソンPontaカードVISA」のサブカードの役割

p20160519-02

それでは早速「JMBローソンPontaカードVisa」の実力と、サブカードの条件として挙げた3つのポイントについて確認していきましょう。

1.年会費が無料であること

メインとなるJALカードは、2年目から年会費の掛かるクレジットカードです。

ショッピングでは、可能な限り還元率の高いJALカードのみを使うのが基本ですので、サブカードにまで年会費をかける必要はありません。

2.JMB提携カードであること

万が一、JALカードが使えない時のためのサブカードですから、クレジットカードなら何でもいい気もしますが、サブカードは必ずJMB提携カードを選びましょう。

JMB提携カードなら、JALカードと同じJALマイレージバンクのお得意様番号が印字され、還元されるマイルもJALカード利用分と共に累積されていきます。

他のクレジットカードだと還元されるポイントもバラバラ。還元されるポイントが分散しないためにもJMB提携カードでJALマイルに集中させましょう。

3.JALカードにはないメリットがあること

「JMBローソンPontaカードVisa」にはJALカードにはないメリットが多々あります。

共通ポイントの「Ponta」は、ローソンをはじめとする提携の店舗で利用すると利用額に応じてポイントが付きます。

「Ponta」は様々なお店でポイントが付くので、クレジットカードとして利用することがない時も、常に携帯しておきたいポイントカードです。

また、「Ponta」は、ポイントカードとしての役割だけではありません。

例えば、レンタルショップのGEO(ゲオ)などでは、会員証の役割を果たすなど、実に様々な機能を持たせることが可能です。

このように「JMBローソンPontaカードVisa」は持っていて損はないことがお分かりいただけたかと思います。

しかし、「JMBローソンPontaカードVisa」最大のメリットは、実はもっと別なところにあるのです。

「JMBローソンPontaカードVISA」はポイントサイトで稼いだポイントをマイルに変換する重要なツール!

ショッピングで買い物をすることで得られるマイルを貯め、特典航空券を狙う我々クレカマイラーにも限界があります。

それは、マイルを貯めるための唯一の方法である買い物の金額の限界です。

いくらたくさん買い物をしたくても(マイルを貯めたくても)、時々会社の経費の立て替えで利用することはあっても、基本的には年収の壁を超えることはできないからです。

そこで今注目されているのが、“ポイントサイト”で稼いだポイントをマイルに交換する方法。

“ポイントサイト”とは、ポイントサイトを経由して定められた条件を満たすショッピングやサービスを申し込むとポイントがもらえるサイトのこと。

そのお得感から今や多数のポイントサイトが存在しますが、取り扱う件数が多く高配当なところでは「ハピタス」などが有名です。

また、これらのポイントサイトで獲得したポイントを他のポイントに交換できる”ポイント交換サイト”も存在し、こうしたポイント交換サイトを経由することで、最終的にJALマイルへ交換ことも可能なのです。

ポイントサイトで獲得したポイントがJALマイルになるまでの流れ

ポイントがマイルに交換されるまでの流れの例としてハピタスポイントで説明します。

  1. ポイントサイト「ハピタス」で獲得したハピタスポイントを、ハピタスのサイト上でPeXポイントに等価交換(1:1)します。
  2. 次に、ポイント交換サイト「PeX」のサイトから、PeXポイントをリクルートポイントに交換します。交換手数料を差し引かれ、交換割合は1:0.9です。
  3. さらに、「PontaWeb」から、リクルートポイントをPontaポイントに等価交換(1:1)した後、最後にPontaポイントをJALマイルに交換するのです(1:0.5)。

「ハピタス」には1回の申し込みで10,000ポイントも付与される案件も多数あり、お金を1円も使うことなくポイントが貯められます。

そして、そこで得たポイントは「JMBローソンPontaカードVisa」によって最終的にJALマイルへと昇華できるのです。

毎月30,000ポイントずつ交換すれば、月間13,500マイルを取得することができ、たった4ヶ月でハワイ往復特典航空券をゲットすることも夢ではありません。

このように、JMB提携カードである「JMBローソンPontaカードVisa」は、単なるサブカードの役割以上に、よりマイルを多く貯める上で欠かすことのできない重要なツールなのです。

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です