ショッピング利用でJALカード以上にJALマイルが貯まるクレジットカードが存在する!?

JALカードの12.5%増しでマイルが貯まる高還元クレカ

ショッピングを中心に支払いでマイルを貯める陸マイラーにとって、JMBマイルを最も効率よく貯めることができるのはJALカード(ショッピングマイルプレミアム加入)と信じて疑わない方は多いでしょう。

「JMBマイルを貯めるなら日本航空が発行するJALカードが一番還元率もいいはず」と、誰もが先入観で思い込みがちですが、しかし、実はJALカードよりも還元率の高いクレジットカードが存在するのをご存知でしょうか。

それが、「SAISON GOLD AMERICAN EXPRESS CARD」(セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード)です。このカードを使えば、JALカードの12.5%増しでJMBマイルを貯めることができるのです。

JALカードを上回る驚異の還元率とその仕組み

クレディセゾンが発行するセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの種類は4タイプあり、パール・ブルー・ゴールド・プラチナと、その種類によって受けられるサービスと年会費が変わってきます。

そして、JALカードを上回るマイル還元率を引き出すことのできるのは、ゴールドカード以上がそれを実現可能にしてくれます。

人によっては「なんだ、ゴールドカードじゃ年会費も高いし無理だなぁ」と最初から諦めがちですが、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費以上に受けられるサービスの質も高いため、もう少し我慢してお付き合いください。

JALカードを上回る還元率を引き出すのは、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに加えて、ショッピングご利用でマイルが貯まる「SAISON MILE CLUB」(セゾンマイルクラブ)というサービスの加入が不可欠です。

「SAISON MILE CLUB」(セゾンマイルクラブ)とは

セゾンカードでは本来、利用金額に応じて「永久不滅ポイント」が貯まる仕組みになっています(通常1,000円につき1ポイント)。しかし、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、国内利用で1.5倍、海外利用で2倍のポイントが付与されます。

永久不滅ポイントは200ポイント毎に500マイルに交換することができますが、国内利用で1.5倍はおろか、2倍のポイントが付く海外利用だけで貯めたとしてもJMBマイルに換算すれば、JALカードの還元率に比べて半分以下、遠く及びません。

しかし、今回取り上げる「SAISON MILE CLUB」(セゾンマイルクラブ)というサービスに加入することで、JALカードの還元率を上回ることが可能になります。

そして、SAISON MILE CLUBに加入する条件として、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを保有していることが必要なのです。

SAISON MILE CLUBによるJMBマイル積算の効果

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに加え、SAISON MILE CLUB(JALコース)に加入すると、これまでの永久不滅ポイントによる還元は停止され、代わりにJMBマイルがご利用金額1,000円につき10マイル(還元率1%)が積算されるようになります。

JALカード(ショッピングマイルプレミアム加入の場合)は、100円につき1マイル(正確には95円~144円で1マイル)が積算される仕組みですので、この時点で還元率では同率ですが、SAISON MILE CLUBはマイルの換算が1,000円単位であることに注意が必要です。

つまり、1,000円未満が切り捨てされてしまうならば、100円単位でマイルを計算するJALカードの方がマイル積算の対象外になる金額が少なく、優位になります。

しかし、JALカードの場合はショッピング1回あたりのご利用金額に対してその都度マイルの換算計算がなされるのに対し、SAISON MILE CLUBは1ヶ月間のショッピングご利用金額の総額に対して換算計算がされるので、計算上の端数のロスは最大999円(9マイル相当)に限定されます。

そしてSAISON MILE CLUBのメリットは、このサービスに加入すると、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード以外の、様々なセゾンカードのショッピング利用分まで合算してマイル積算の対象となる点です。

例えば、以下のようなカードお持ちではないでしょうか。

  • MUJI CARD
  • ロフトカード
  • 三井ショッピングパークカードセゾン
  • SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン
  • CLUB ONカード/ミレニアムカード
  • PARCO カード
  • ウォルマートカード
  • シネマイレージカードセゾン
  • タカシマヤセゾンカード など

特定の店舗で利用すれば直接割引が受けられるような場合、これまでは永久不滅ポイントでしかポイントが付与されませんでしたが、SAISON MILE CLUBに入ることでこれらのカードでのショッピングもマイル積算の対象となるのです。

「SAISON MILE CLUB 優遇サービス」とは

ここまでは、(マイルの換算計算の方法に違いはありますが)JALカードと同率の還元率となるセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードですが、SAISON MILE CLUBには更なる優遇があります。それが「SAISON MILE CLUB 優遇サービス」です。

本来、SAISON MILE CLUBに加入すると、JMBマイルが付与される代わりに永久不滅ポイントの付与は停止されますが、1,000円のご利用で10マイルの取得に加え、優遇ポイントとして永久不滅ポイントが2,000円で1ポイント貯まります

永久不滅ポイントは、200ポイントでJMBマイル500マイルと交換することができます。

例えば、40万円分のショッピングをした場合、JALカード(ショッピングマイルプレミアム加入)なら4,000マイルが積算されるのに対し、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(SAISON MILE CLUB加入)なら4,000マイルに加え、永久不滅ポイントが200ポイント付与されます。

この永久不滅ポイントを200ポイントで500マイルに交換すれば、合計で4,500マイルとなり、JALカードより12.5%も多くマイルを貯めることができるのです。

JALカードには普通カードの他にも高いグレードのカードが存在しますが、たとえJAL CLUB-AゴールドカードやJALプラチナカードであったとしても、ショッピングでセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード以上のマイル還元率を引き出すことができません。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの充実したサービス

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費はCLUB-Aカードと同じく10,800円ですが、その内容はさらに上のグレードのCLUB-Aゴールドカード(年会費17,280円)並みのサービスを受けることができます。

また、家族カードの年会費も、CLUB-Aカードが3,780円、CLUB-Aゴールドカードが8,640円掛かるのに対し、こちらはわずか1,000円で発行することができます。

サービスも充実しており、国内の空港ラウンジの利用ができる他、復路の手荷物無料宅配サービスも利用でき、海外旅行傷害保険は家族も含めて自動付帯。国内旅行についても、旅行代金をセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで支払えば、国内旅行傷害保険も付保されます。

例えば、「子どもが国内旅行に行く」時などは、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで旅行代金を支払ってあげることで、家族の国内旅行に掛かる旅行傷害保険料を節約することができるのです。

確かに、CLUB-AカードやCLUB-Aゴールドカードのメリットとして、「毎年初回搭乗ボーナス 2,000マイル(普通カードは1,000マイル)」や「ご搭乗ごとのボーナス フライトマイルの25%プラス(普通カードは10%プラス)」といった、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードにはない恩恵があります。

しかし、陸マイラーにとっては頻繁に飛行機に乗るわけではなく、むしろフライトせずにマイルを貯めて特典航空券を手に入れることを目的としていますので、むしろ陸マイラー向きのゴールドカードはJALカードではなくセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの方だと言えるのではないでしょうか。

JALカードとセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは補完し合う関係

さて、ここまで来るとJALカードを取るか、それともセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを取るか、という議論になりがちですが、それは一度考え直す必要があります。

なぜなら、JALカードとセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、機能面で相互補完の関係にあるからです。

まずクレジットカード会社を見てみると、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾン及びアメリカンエクスプレス加盟店で利用することができ、北米を中心に海外で強みがありますが、一方日本での認知度は今ひとつ。

「アメックスは高級店に強い」というイメージがあり、利用できる店舗も限定されてしまいます。

日本でのショッピングがマイルの源泉となる陸マイラーにとっては、やはりVISAやMasterCard、JCBのいずれかのカードは欠かすことができません。その点でJALカードがセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの利用範囲を補うことができます。

また、JALカードには、JMB WAONやPASMOなどの電子マネーに対応するなど、支払い方法の多様性にも富み、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードではカバーできない範囲をしっかり補完してくれます。

個人的に実践しているのは、マイルが2倍貯まるJALカード特約店(100円につき2マイル)や、WAON利用可能店舗(チャージと支払いで100円につき1.5マイル)ではJALカードを、それ以外は基本的にセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードを優先的に利用するという使い分けをすることで、よりマイルの積算率を上げています。

また、実際に積み立てたマイルで特典航空券に交換する際、ディスカウントマイルで交換ができるためにはJALカードが不可欠ですし、一概に還元率が高いからと言ってセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード1枚に絞り込むのは得策ではありません。

オススメ!クレカ紹介⑤「JALカードTOKYU CLUB POINT Q」は東急路線以外の人にも必携なJAL最強カード

私見ですが、現時点では「JALカード最強」との呼び声も高い「JALカードTOKYU POINT CLUB Q」と「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」の組み合わせが最高のパートナーであると考えています。

セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カードの詳細・お申込みはこちら>>

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です