オススメ!クレカ紹介①「JALカードSuica」は独身者、JR利用者に圧倒的に有利!

社会人になったらまず持ちたい一押しのクレジットカード

私も最初に手にしたJALカードです。とにかくクレジットカードの中では社会人デビューしたばかりの方にとっては利便性が高く、また普段からJRを利用する人にとってはマイルの積み立てでは絶対的に有利です。そんなJALカードSuicaをご紹介します。

cf_r_suica

JALカードSuicaは、申込み画面の普通カードの中からお選びください。)

Suicaを賢く使い、1円単位まで無駄なく貯められる

JALカードSuicaの特徴はVIEWカードの機能を持ち合わせ、JRの定期券だけではなく、Suicaのチャージでもクレジットカードが使えてポイントも貯まる点です(ここで付与されるのはマイルではなくポイント、仕組みは後述)。

Suicaチャージにクレジットカードが使えるのはVIEWカードの機能を持ったクレジットカードだけです。しかも定期券やSuicaのチャージの場合、ポイントは通常の3倍と大変お得です。

また東京メトロの電子マネーPasmoとも互換性があり、東京メトロの自動改札でもオートチャージが可能です。

無料のモバイルSuicaを活用すれば、いつでもどこでも簡単にチャージが可能(ただし“おサイフケータイ”機能のある携帯電話が必要)。

本来、クレジットカード払いですとマイル付与は100円単位となるために、100円未満の端数はどうしても切り捨てて計算されてしまいました。

しかし、Suicaの場合は1,000円単位でチャージされ、チャージした時点でポイントが付与されるため端数が発生することはなく、100円未満の端数がある買い物でもSuicaで支払えば気にすることはありません。

またビックカメラでは、クレジットカードと電子マネーで支払い方法の違いでビックポイントの付与割合が異なります。

クレジットカード払いなら通常8%のところ、現金払いなら10%。電子マネーであるSuicaでの支払いは、現金と同じ10%が付与されます。このように上手に活用すればダブルでお得になるのです。

オートチャージの設定や請求日を待たず繰り上げ返済したい場合は駅に備え付けのATM、VIEW ALTTE(ビューアルッテ)で簡単に設定・変更ができます。

VIEWとJCB、メリットとデメリット

JALカードSuicaで支払った際、JR系の利用はVIEWでの支払い扱い、その他はJCBでの支払い扱いとなります。請求については合算ですし、VIEW’S NETの請求画面でも別れることなく一緒に確認することできます。

ただし、少し細かいですが、VIEWでの支払い分については、マイルではなくポイントで付与されますので、一定数貯まった時点でVIEW’S NET上でポイントからマイルに変更します。

ショッピングマイル・プレミアム会員の場合、600ポイントで1,000マイルと交換できます。

一方のJCBについては、国内で使う分には基本的にクレジットカードの取り扱いさえあればどの店舗でも使えますが、外国ではいささか事情が異なり、使える国が極端に少ないのが弱みです。私の訪れたサンフランシスコやオーストラリアに行った際はほとんど使えませんでした。

しかし、ハワイだけは例外。現地では日本人観光客向けに積極的なキャンペーン活動を展開しており、ハワイのJCBプラザ ラウンジ・ホノルルでエントリーをすれば、旅行中の利用額に応じてギフト券などが当たるキャンペーンなども実施しています。

(余談ですが、私は過去このキャンペーンで10万円のJCBギフト券が当たりました!)

念のため、サブカードとして無料で発行できるイオンJMBカードをVISAかMasterで用意しておくと良いでしょう。

請求前に”ボーナス一括払い”にも変更できる!

通常クレジットカードで支払う際、1回払い、2回払い、そしてボーナス一括払いは手数料は掛かりません。

しかし、支払い時に1回払いとしたにも関わらず、金銭的に厳しく途中で支払方法を変更したくなることがあります。

特に社会人生活をスタートさせたばかりの方は何かと物入り。その割に給料は少ないため、持ち合わせが少ないせいか金策も大変。

他社のクレジットカードの場合でも、”複数回払い”・”リボ払い”(絶対に避けたい支払方法ですが)への変更は可能ですが、”ボーナス一括払い”への変更ができるのは、私の知る限りJALカードSuicaだけです。

もし、支払う際に”ボーナス一括払い”を希望しても、お店側の都合で選択できないケースもあります。そんな時でもVIEW’S NET上から支払方法の変更をすれば簡単に”ボーナス一括払い”に変更ができます。

お洒落もしたいしデートもしたい、学生時代の仲間たちと呑み会もある。そんなアクティブな若年者にも親切で安心のクレジットカードがJALカードSuicaです。

唯一の弱点、それは”家族会員カード”が作れないのこと

JALカードの“普通カード”のラインナップの中で、唯一JALカードSuicaだけが家族会員カードを発行することができません。

もし夫婦で協力してJALマイルを貯めたい場合、家族会員カードが発行できる別のJALカードに乗り換えるか、別々にJALカードを作り、JALカード家族プログラムに登録してお互いのカードを紐づけすれば、マイルを合算して使うことができます。

JALカード家族プログラムに登録して合算するか、家族会員カードが発行できる別のJALカードに乗り換えかは、JRの利用頻度を基準に検討すればいいでしょう。

結局のところ、定期券はVIEW以外のクレジットカードでも支払うことはできますし、Suicaチャージはできませんが、コンビニではクレジットカード払いもしていますので、100円未満の端数分を気にしなければクレジットカード払いでもいいでしょう。

私の場合は、結婚と同時に通勤でJRに乗らなくなりましたので、思い切って家族会員カードのあるJAL・VISAカード(オススメカード②)に変更しました。でも家族カードができたら再びJALカードSuicaに戻ってしまうかもしれません。

ちなみにJALカードSuicaにはClub-Aカードはありますが、JALゴールドカードがないのも将来的なことを考えると残念なところ。

それでもなお、メリットの大きいJALカードSuica。ぜひともメインカードとしてお勧めしたい一押しの1枚です。

≪クレジットカードの詳細・ご入会はこちら≫

(お申込みの際は「普通カード」の中から「JALカードSuica」をお選びください。)

ランキングに参加中。ポチッと応援、お願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
 

コメント

  1. より:

    アメリカでもdiscoverが使えるところであればJCBはそのまま使えます。店員が知らないこともあるので、そこが難点ですが。

    • pico より:

      この情報は存じませんでした!ディスカバーの利用店舗はこれまでほとんど気にしていませんでしたが、アメリカで730万店舗とのことですので、JCBの利用幅が一気に広がりそうです。ひ様、貴重な情報ありがとうございました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です